利用客に無理な要求はされる?風俗求人で働く時に知っておきたい断り方って?

風俗の求人で働く時、気になるのが利用客についてです。
特に「無理な要求をされるのかどうか」については、気になるはずです。
そこで、今回は風俗求人で働く時にそういう要求をされた場合、どのように断るかについても紹介します。

無理な要求をされることはある?

風俗というのは、やはり色々と性的なサービスを提供することもあって、利用客も興奮してしまうことが多いです。
実際に風俗では本番行為は禁止されているため、サービスとして提供してはいけません。
しかし、客によっては「本番してくれない?」と言われることもあるのです。
もちろん断ることができるのですが、要求が執拗なことも多く、それによって迷惑することもあるでしょう。
これらの要求に関しては、上手に対処していくことが必要となるので、単純に断るのではなく、相手が納得してくれる形で断るようにしましょう。

activist_00483483

上手な断り方とは?

無理な要求をされた場合は、相手に理解してもらえるように断ることが重要です。
例えば、自分が提供できないオプションプレイを求められた場合には、「上手にできないので無理です」と断るようにしましょう。
本番を要求された場合は、「店ではそういうことをするのは禁止とされています」と伝えれば、大抵の客は理解してくれます。
ただ、中にはそれでも納得してくれないこともあるので、その客を切る覚悟で「無理なものは無理です」とはっきり断ることが重要です。
そこではっきり言えないと、利用客が調子に乗ってしまうこともあるので、そういうことをさせないようにコントロールすることが必要です。

それでも無理な要求をされた場合は?

何度断っても要求される場合は、店の人に対処してもらいましょう。
大抵の店舗はカウンターと連絡が取れるようになっていて、利用客の迷惑行為が発覚した場合は、店に出入り禁止にすることが可能です。
その他、助けてもらいたい時などにも使えるので、あまりにも要求が続くようであれば、その客を切る覚悟で店の人に対応してもらって下さい。
もちろん、NG客にしてしまえば、もう会うことはないので安心して仕事に戻れます。
心が痛むかもしれませんが、無理な要求をする客は単純に面倒なだけです。
そういう客は切ってしまって問題はありません。

色々と風俗で働いていると、利用客も興奮してきて、無理な要求をしてくることも多くなります。
ただ、それを鵜呑みにすることはなく、上手に対応していくことが必要となります。
場合によっては店の人に助けてもらえるので安心です。